Event & Seminarイベント・セミナー

イベント番号 203685 売上や粗利ではなく、限界利益に注目して業績改善!


売上や粗利ではなく、限界利益に注目して業績改善!

粗利に注目することが業績改善のために重要だと言われますが、粗利に注目するだけで十分なのでしょうか?じつは粗利は自社の収益構造を表していないこともあります。自社の収益構造は損益計算書そのままでは無く、損益計算書に手を加える(経費を変動費と固定費に分解)ことで把握できます。売上や粗利が上がっても、利益が増えないのは自社の収益構造が把握出来ていないからです。自社の収益構造を把握し、限界利益(管理会計)に注目して業績改善のための対策を打ちましょう!
本セミナーでは初めての方にもご理解いただける内容となっております。

イベント情報

イベント番号 203685
イベント名 売上や粗利ではなく、限界利益に注目して業績改善!
種別
テーマ・課題
開催日 2024年5月27日(月)14:00~16:00
場所 品川区立中小企業センター2階 中講習室
〒141-0033 東京都品川区西品川1-28-3
TEL:03-5498-6211
FAX:03-5498-6222
東急大井町線「下神明駅」より 徒歩2分
JR京浜東北線・りんかい線・東急大井町線「大井町駅」西口より徒歩10分
https://goo.gl/maps/DAJJv61Us6EyRWCy7
詳細内容 【セミナー内容】
・損益計算書を理解する 〜売上と粗利〜
・損益計算書に手を加える 〜経費を変動費と固定費に分解〜
・自社の収益構造を把握する 〜粗利重視から限界利益重視へ〜
・業績改善のための対策を打つ 〜管理会計の活用〜
講師氏名 藤田功税理士事務所 税理士 藤田 功 氏
講師略歴 京都市出身。京都工芸繊維大学大学院でバイオテクノロジーを専攻後、京セラ㈱に入社。
同社では営業部門、経営管理部門に従事し、常務表彰も受賞。退社後、税理士資格を取得。現在は企業経営のセカンドオピニオンの他、企業年金・個人資産形成のコンサルティングも行っている。AFP。証券外務員一種。
定員 40名
料金 無料
申込方法 ○ 本WEBサイトよりお申し込みください。
○ 1度につき1名までのお申込みが可能です。複数名でご参加の場合は、再度お申込みをお願いいたします
○ 申込フォームの送信後、受付完了メールが自動配信されます。メールアドレスが正しく入力されていないと、自動配信されませんので、ご注意ください。
○ 定員超過によりご参加をお断りをさせていただく場合のみ、電話にてご連絡をいたします。
申込受付予定期間 2024年4月22日(月) 10:00~2024年5月24日(金) 10:00

ご注意事項

・風邪、咳、発熱等体調の悪い方は、ご参加をご遠慮ください。
・セミナーの参加は事前予約制です。当日の飛び込み参加はできません。

■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理の利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。

お申込み

はじめてユーザー登録する方

イベント・セミナーのお申込みには東商マイページのユーザー登録(無料)が必要です。

※既に東商会員の方も、別途マイページのユーザー登録が必要です。

最短3分で登録可能!

ユーザー登録がお済みの方

既に東商マイページのユーザー登録がお済みの方は、下記ボタンよりログインのうえお申込みください。

お問い合わせ

東京商工会議所  品川支部 成合

〒: 141-0033

住所: 東京都品川区西品川1-28-3 品川区立中小企業センター4階

TEL: 03-5498-6211

E-mail: shinagawa@tokyo-cci.or.jp