Event & Seminarイベント・セミナー

イベント番号 200227 経営改善のために、損益計算書を徹底活用する ー売上アップではなく、粗利と限界利益を目標とするー


このイベントは既に終了しています。

経営改善のために、損益計算書を徹底活用する ー売上アップではなく、粗利と限界利益を目標とするー

売上をアップしても利益が増えるとは限りません。利益を増やし経営改善するためには自社の収益構造に適した対策を打つ必要があります。損益計算書をそのまま眺めていても収益構造を知ることはできませんが、損益計算書に少し手を加える(経費を変動費と固定費に分解して、組み替える)だけで自社の本当の収益構造を知ることができ、利益を増やすための対策を見つけ出すことができます。損益計算書を徹底活用しないともったいないです。損益計算書を「読む」から「活用する」にしましょう。

イベント情報

イベント番号 200227
イベント名 経営改善のために、損益計算書を徹底活用する ー売上アップではなく、粗利と限界利益を目標とするー
種別
テーマ・課題
開催日 2022年7月6日(水)14:00~16:00
場所 オンライン(Zoomを使用します)

開催前日までにメールにてログイン用 URL をお送り致します。
詳細内容 ①損益計算書の基礎を理解する?損益計算書を「読む」から「活用する」へ?
②経営改善のために自社の収益構造を知る?「粗利」から「限界利益」へ?
③利益を増やすための対策を打つ?「粗利・限界利益」の意味とその活用?
講師氏名 藤田功人税理士事務所 代表 藤田 功 氏
講師略歴 京都市出身。京都工芸繊維大学大学院でバイオテクノロジーを専攻後、京セラ㈱入社。同社では営業部門、本社経理管理部門に従事し、常務表彰も受賞。退社後、税理士資格を取得。現在は税理士顧問業務の他、企業や個人に対して「企業年金」、「資産形成」のコンサルティングも行う。小中高校、専門学校での税務教室の講師も務めている。
添付ファイル 開催案内
1チラシ(支部).pdf
定員 30
料金 無料
備考 ○当日使用するZoomのURL等については、後日メールにてご連絡致します。
○セミナー参加の際は、ご自身のパソコン、タブレット端末、スマホ等をご使用ください。
○事前にZoomをインストールし、接続テストを済ませておくことをお勧めします。
 ( テスト用URL : https://zoom.us/test )
○当日、万が一インターネット回線やZoomのシステム障害が生じた場合は、セミナーの実施が
 できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
申込受付予定期間 2022年3月30日(水) ~2022年6月28日(火) 23:59
変更キャンセル期限 2022年6月28日(火)

ご注意事項

■個人情報のお取り扱いについて
お申し込みの際にご提供いただいたお客様の情報は、当該イベントの申込受付の管理、運営上の管理の利用するほか、東京商工会議所が主催する各種事業のご案内(DM及びFAX)のために利用させていただきます。ご案内が不要の場合には備考欄にその旨をご記入ください。

お問い合わせ

東京商工会議所渋谷支部

TEL: 03-3406-8141

E-mail: shibuya@tokyo-cci.or.jp